三遊亭らっ好 オフィシャルサイト

プロフィール

プロフィール内容

三遊亭さんゆうてい らっ好らっこう

三遊亭らっ好(写真)

本名   井芹 洋平(いせり ようへい)
生年月日 1991年1月9日
出身   長崎県佐世保市
住処   東京都台東区谷中在住
出囃子  長崎ぶらぶら節
出身校  佐世保南高等学校卒/長崎大学 工学部 中退
趣味   野球観戦/お酒/競馬/神社巡り/銭湯巡り

【経歴】
2013年
-全日本学生落語選手権・策伝大賞で決勝進出
同年4月
-三遊亭好太郎の一番弟子として前座修業を開始
-三遊亭好楽初の孫弟子となる
2016年6月
-二つ目昇進
同年9月
-故郷である佐世保市の
-佐世保コミュニティーセンターホールにて
-好楽、好太郎を含む全5名で披露目興行を行う

Sanyutei Rakkou (Youhei Iseri)
1991.1.9 born in Sasebo,Nagasaki.
Old school  Sasebominami high school/Nagasaki University
live in Yanaka,Taito-ku,Tokyo
Theme Song  Nagasaki Burabura-Bushi
Hobby    Watching baseball/Have a brink/
Horse racing/Visit shrines/SENTO

【定期出演】
 両国寄席神田連雀亭亀戸梅屋敷寄席
 三遊亭らっ好オススメらくご(つむぐカフェ)

お知らせ

落語会の予告(画像)

詳細はスケジュールをご覧ください。

  • 11/4 (木) 亀戸梅屋敷
  • 11/5 (金) 三ツ組橘
  • 11/11 (木) 両国寄席
  • 11/21(日) 連雀亭 配信
  • 11/27(土) しゃべり場
  • 11/28(日) 連雀亭 昼席
  • 11/29(月) 連雀亭 昼席/オススメらくご つむぐカフェ

落語と寄席のこと

落語と寄席の内容

落語とは日本の伝統的な話芸。噺の最後に「オチ」がつくのが特徴。落語は身振りと手振りのみで噺を進め、一人何役をも演じます。衣装や舞台装置などを極力使わず、演者の技巧と聴き手の想像力で噺の世界が広がっていく、とてもシンプルで身近な芸能です。

前座の落語から始まり、漫才や手品などの色物と呼ばれる演芸と、二ツ目の落語がテンポよく進んでいき、最後に真打ちが登場し、トリを飾ります。寄席は毎日あり、落語家が日替わりで高座を務めます。お気に入りの落語家さんをお目当てに行くのも良いでしょう。

今はYouTubeなどの動画配信でもお楽しみいただけますが、やはり生きた落語を楽しむには、寄席に足を運ぶことが一番です。寄席の中では、どことなく非日常的な、江戸時代にタイムスリップしたかのような時間を楽しめます。

お問い合わせ

チケットのご予約・出演依頼
▼お問い合わせはこちら▼
メールアドレス

グッズ

グッズ(写真)

SNS

instagram(アイコン)
instagram
@rakkosanyutei

YouTube(アイコン)
YouTube
三遊亭らっ好

Twitter(アイコン)
Twitter
@sanyuteirakko